So-net無料ブログ作成

ペット用自動給水機の水たれ問題 [ペット]

行儀よく座って、リズミカルにチャッチャッチャッと水を飲むニャンコはかわいいもんです。ニャンコは自分で探し当てた水か、流れている水を好むらしく、朝の歯磨き時や風呂場にやってきては水を飲みたがります。水を飲んで満足したらブルブルっと鈴を鳴らして、お礼も言わずどこかへ行ってしまいます。
気ままに水を飲んでいますが、我が家のニャンコさん専用の水飲みは給水タンクにペットボトルを利用する自動給水機を使っています。リッチェル製の「ペット用ウォーターディッシュS」というもので、ケージに取り付けるタイプです。
ニャンコが水を飲んで皿の水が少なくなると、自動で水が下りてきて適量を保つもので、何の不具合もなく良好に使用しています。
セッテング方法は、ペットボトルに水を入れたらボトルアダプターをねじ込んで取り付け、逆さにしてボルダーに差し込みます。水が下りてくるときは、空気がペットボトル内にゴボゴボと入るので、その音がニャンコの琴線に触れ、ペットボトルを取り付けたら水飲みに飛んでくることがよくあります。
問題はこの時なんです。ペットボトルを逆さにしたら水が床にいくらか垂れてしまいます。仕方がないので、写真のように小さい雑巾を置いていましたが、何かいい方法はないものかと……。
DSC_1255.jpg

取り付けが完了した状態です。
DSC_1256.jpg

水受けを作ろうと思いペットボトルで何度か試作を繰り返しました。
最終形はこんなものです。
DSC_1257.jpg

ここに、引っ掛けておけばOKです。
DSC_1258.jpg

ペットボトルを逆さにしても水受けがあるので安心。
垂れた水は蒸発を繰り返しますので半永久的に、ここにぶら下げておきます。
DSC_1259.jpg

DSC_1260.jpg

ペットボトルは便利な工作材料です。
なぁ、ニャンコ!


人気ブログランキング

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ニャンコ用ドアストッパー [ペット]

部屋を冷暖房する時期になると、ニャンコやワンコが自由に部屋間を行き来できなくなってしまいます。我が家のニャンコからもどうにかしろと意見がありました。
気を付けてはいるのですが、リビングから廊下に通じるドアを完全に閉めてしまい、ニャンコは自由に行き来ができなくなってしまいます。そのドアが閉まっている状況に遭遇するとニャンコは、頭を二次ルートに切り替えトボトボともうひとつの回り道に向かいます。そのもうひとつの回り道にある襖が閉まっていたらニャンコはガッカリ、見てて可哀そうです。襖を開けてしまうパワフルなニャンコもいらっしゃるようですが、うちのニャンコはスターウォーズに出てくるような巨大な扉が目の前に立ち塞がっていると肩を落としてあきらめてしまいます。
そうなんです、部屋飼いのニャンコやワンコには部屋間の行き来を妨げる”ドア問題”が存在するのです。
ニャンコは、家の中であっても縄張りパトロールをしなければならないらしく、部屋間の行き来が出来なくなるとストレスを感じさせてしまうかもしれません。

「ごめんなニャンコ、ドアを気にはしているんだけど、うっかり閉まってしまうこともあるんだ、悪気はないんだよ」

ニャンコが部屋間を移動できるようにドアの下ど真ん中にキャットドアを取り付ける方法もあるのですが、穴を開けずにドアストッパーで恒久的対策したいと思います。
ドアはドアクローザー付きなのでドアを中間地点にもってくると、勝手にドアは閉まってしまいます。ですので、適当な小さな段ボールの箱をドアに挟んでニャンコの通路としていましたが、これもまた段ボールの箱が逃げてドアが閉まってしまったりすることもしばしばありました。
そこで、何年も使えるように段ボールの箱の代わりとなるドアストッパーを2×4(断面38mm×89mm)材で作りました。作ったといっても現物合わせしながら、2×4の廃材をノコギリで角を落としたり、L字状に切ったりしただけです。
その、ドアストッパーはこんな形になりました。
DSC_1246.jpg

将来ニャンコが太ったと仮定しても通行できるような幅(110mm)を確保、2×4材なので段差は38mmと低く、ニャンコが通行するのに無理はないはずです。この38mmより低いと、ドア受け面積が少なくなってしまいますので、2×4材が最適な寸法だったようです。ドア受け面には100均の円形クッション材を2個貼り付けてあります。

ドアストッパーを真上から見たところ。
DSC_1248.jpg

ドアが閉まらないように、こんな感じ。
ニャンコが通るドアの隙間は、110mmです。
DSC_1247.jpg

ニャンコがパトロールにやって来ました。
DSC_1250.jpg

ニャンコのパトロールが終わったようです。
DSC_1251.jpg

とか言って、結局はキャットドアの取り付けに至るかもしれませんが。
とりあえず、めでたし、めでたし。


人気ブログランキング
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ニャンコの木登り棒メンテナンス [ペット]

我が家のニャンコ用木登り棒がボロボロになってきた。
ストレス解消のためか、ニャンコのスイッチが入ると「ダダダダダー」と登って、時にはここで爪とぎができるんだぞーとばかり、木登り棒の途中で爪とぎを披露したり、
上まで登ってバックもしたり、
今まであてがったオモチャの中で一番のお気に入りだと思います。
毎日毎日遊んでくれてありがとう!ニャンコ!
手作りして一年ちょっとです。
麻袋を巻きつけてその上から百均で売られている細い麻紐を巻きつけて作ったのですが、細い麻紐は切れてしまっています。気が付く度にその細い麻紐を結び応急処置を施してきました。
しかし、もう替え時だ、ニャンコ!
DSC_1166.jpg

DSC_1167.jpg

通販で適当な太い麻紐はないものかと探したところ、あるではありませんか。
「キャットタワー、麻紐」というキーワードで。
紐の直径6mmというのがキャットタワーやキャットポールでは一般的なものらしい。
今回巻きつける柱は、2X4材で長さが2.4m。
単純計算して必要な紐の長さを計算してみたところ、2.4mに6mmピッチで巻くと400周。
一周約26cmなので、26cm×400周≒100m。
ひ、ひ、ひゃくメーター!!!
声が裏返ってその声を聞いたニャンコはびっくりして飛び上がってしまう。
まっ、そのぐらい必要だろうな、
ちょうど100mの長さでリーズナブル(2450円)な一品を発見!
この記事下のAmazonの商品リンクを参照してください。
届いたのがこれ
DSC_1159.jpg

麻ロープ(100M)です。
この麻紐さんもまさかニャンコが爪で引っ掛けて登る遊具にされるなんか思ってもなかったでしょう。
せいぜい、園芸や手芸用とか。
あわよくば、リビングに飾ってもらえる深く々青色な瓶に巻いてもらったり。
DSC_1162.jpg

袋から出して段ボールに入れたら、ニャンコは油の臭いに引き付けられるのか、お気に入りのくつろぎ場所になってしまいました。
麻紐さんも、まさか、このニャンコの...と気づき始めたかもしれません。
DSC_1164.jpg

その袋から出した麻紐が気になってはいたのですが、うまくほどけないのです。
ニャンコの仕業でもありません、けっこう慎重に扱ったのですが。
半分ぐらいはきれいに巻いてあるようなんですが、どうしても、これではスルスルと柱に巻いていけないようです。100mもあるので解けません、不可能です。
荷造りビニール紐のように巻いた内側からスルスル出てくるイメージでいたのですが、ちょっとまってよ、っといった感じです。
DSC_1165.jpg

椅子の背もたれに引っ掛けてみました。
この状態から、スルスル解けそうな方の紐端から手に取ってとりあえず柱に巻いていくことにしました。
DSC_1169.jpg

柱の巻き始めです。
麻紐さんもニャンコの登り棒になる覚悟はついたようです。
ボロボロになった麻袋や細い麻紐はそのままにして、上から被せて巻いていきます。
重い柱を左手で回転させながら右手でギュツギュツっと。
けっこう、絡まることなく順調に紐が供給されてきます。
DSC_1170.jpg

30分ちょっとでこんな感じ。
引っぱって巻いていますので、軍手は装着していますが利き手の小指に豆ができそうです。
作業完了まで何時間かかるのだろう?
あやや、やはり紐がスルスル出てこなくなりました。
紐のパズルは解くことができませんので、紐を一度切断することにしました。
DSC_1171.jpg

あともう少し。
気になっていた残りの紐で足りそう、単純計算も大したもんです。
麻袋の下地があるせいか、紐を引っ張って巻いていても途中手を放しても紐が戻ることはないので作業が楽です。
こまめに掃除機でクズを吸うこともできました。
DSC_1172.jpg

フィニッシュです。
結局、からまった紐の切断は2回ですみました。
5cmぐらい足りなかったようですが、
末端は木ネジ止め。
DSC_1175.jpg

設置しようと立てかけたら、ニャンコは大喜びで爪とぎ。
麻紐さんは、「イタタタタ...」でも想定内!
DSC_1176.jpg

完成の記念に、はいチーズ!「カッシャ」
DSC_1179.jpg

6mm径の麻紐です。
DSC_1182.jpg

よく頑張って巻いたもんだ。
3時間くらいかかったかもしれません。
DSC_1180.jpg

また元気に登ってくれよ!
ニャンコ!スイッチオン!
「ダダダダダーーー」

めでたし、めでたし。






人気ブログランキング
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニャンコのひっかき傷に「ムヒ」 [ペット]

ニャンコと遊んでいるとひっかき傷は絶えないもんです。
DSC_0234.jpg

ご存知のとおり頭がいいニャンコは遊んでいる状況をうまく理解して遊び相手には手加減してくれますので安全といえば安全なんですが。
DSC_0233.jpg

今回は遊び方が悪かったのです。
大好きな段ボール箱に入ったニャンコは穴から見える猫じゃらしに一撃を加えようとヒートアップします。そうこうしているうちに誤って私の手が穴の近くにさしかかった瞬間、一撃が来ました。
「イテテテ...」
むき出しになった爪で容赦なく。
これは、飼い主の手だと気づいてくれていれば手加減してくれたのでしょうけど。
ニャンコにとっては相手は猫じゃらしなので、最大限のパワーを発揮したんですね。
DSC_0296.jpg

ポケットから取り出してジャジャーン!「ムヒアルファEX」!
DSC_1004.jpg

今回は重症です。
こんなときは「ムヒ」で手当しています。
虫刺されで塗ってる薬ですが、なんでか知らないけど治りが早いんです!
家にあるどの薬よりも。
ダメ元で「ムヒ」を塗ったら、あらま。
痒みもとれて治りも早い。

傷口をきれいに洗う→消毒→「ムヒ」を塗布。

めでたしめでたし。


人気ブログランキング
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

猫の排泄物用ゴミ箱にちょっと工夫を [ペット]

我が家のニャンコの排泄物をゴミ出しまでストックしているゴミ箱です。
生ゴミ用で密閉タイプですが、特に夏は密閉であろうが、なかろうが、かなり臭いです。
蓋が閉まっていても、何と表現すればいいのか「モワ」っと臭います。
蓋を開ければ、のど自慢の合格の鐘が鳴るぐらい臭いです。
DSC_0847.jpg

消臭袋も2種類使ってきましたが、効果があるのか無いのかよくわかりません。
糞尿の臭いは限度を超えているようです。
DSC_0846.jpg

ニャンコのトイレで一旦、透明の薄いポリ袋に糞尿をスコップで入れて、このゴミ箱の中の消臭袋にいれているのです。今回は、この臭いをどうにかしたいのもありますが、秒殺で消臭袋の中に放り込みたい計画であります。
DSC_0838.jpg

ゴミ箱の2か所に6mmの穴を開けました。
DSC_0842.jpg

拾い集めたネジを大事に取ってありますので、使えそうなものを探します。
ありました、白いやつ、いよいよ貴方の出番です。
DSC_0841.jpg

先ほど開けた穴に、ダブルナットで取り付けます。
DSC_0843.jpg

消臭袋をこんな具合に引っ掛けます。
そうです、息を止めて、秒殺で消臭袋に投げ込んで、蓋を閉じればいいのです。
臭いものには蓋をしろ!です。
DSC_0844.jpg

無駄な抵抗かもしれないと思いつつ、乾燥させた「コーヒーかす」をこんな入れ物に入れて、
DSC_0839.jpg

ゴミ箱の底にそっと入れてあります。
これが、意外といいんですね、ゴミ箱を開けたときコーヒーの臭いが漂います。
糞尿の臭いよりコーヒーかすの臭いが勝のか?コーヒーかすが消臭しているのか?それはよくわかりませんが、結果的に消臭しているってことのようです。
DSC_0840.jpg

完成です。
しばらくこれで様子を見てみます。
DSC_0845.jpg


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:ペット

猫の外耳炎 [ペット]

うちのニャンコはロシアンブルー、生後3~4か月頃のお話です。
気づくのが遅くて可哀そうなことをしてしまいました。
DSC_0915.jpg

右耳の奥が黒いツブツブやらで汚れているんですが、耳の奥の形状が複雑で、耳掃除の要領がわりません。人間が小さくなってこの部分を探検したら、一生出てこられません。複雑な鍾乳洞のように。
そんなニャンコに、いつも適当に綿棒を使って掃除をしてあげていました。
気になりつつも、そんな処置でしのいでいたのであります。
次第に後ろ足で耳をカキカキすることが多くなり、またカキカキも激しいこととなりました。ある日、激しくカキカキしていてあまりにも痒いらしく、じだんだを踏むんです。あまりにもの痒みのため、足を何回か踏む動作を見たのです。
DSC_0962.jpg

これはいけないということで、急いで病院に連れて行きました。
耳が汚れた写真から2か月半も経ってからです。
病院は半月間に3回通院しました。
耳ダニが顕微鏡で確認され、外耳炎という診断です。病院では「耳を洗います」からと言われて、はぁ?という感じでした。想像するに、耳に水を流し込んで洗うのか?右耳から流して左耳から出るとでも言うのか。
まっ、そんなことはいい。
処置が終わって対面すると、ニャンコはなんかスッキリしていました。
やはり、洗ったんだな…
通院1回目から、小さな容器に白い液体(粘度あり)の入った薬をもらいました。耳奥に1日2回注入して、注入した液体が耳奥になじむように、耳をモミモミしてくださいと実演とともに教えてもらいました。耳奥に、耳道を完全に塞ぐ位の量です。心配になって先生に聞いてみましたが、耳道はL字型になってるとか色々説明されて、!?!?わかりました、と言って、指示されたとおりに毎日薬を付け続けることにしました。
DSC_0755.JPG

最終日にはレボリューションという薬を持って帰り、「半月後に付けてください」と言われました。
DSC_0251.jpg

これがもらった薬。映画「コクーン」を思わせる宇宙船。
DSC_0252.jpg

何が入ってるかと興味津々。
出ました!
これを全部、ニャンコの首の後ろに付けてあげます。
それからは、優雅に後ろ足で耳かきしていましたので完全に良くなったようです。
めでたし、めでたし。
DSC_0253.jpg

あれから2か月。
ちょっと激しく執拗に、耳を掻いていました。
よく観察していると、ひょうたんから駒が出てきました。間違えました、耳から耳くその塊が出てきました。綿棒の先の1/3ぐらいの大きさでしょうか。
この騒動はこれで終わりました。
今回の件で勉強になりました。耳は毎日掃除する必要はなく、一週間に一回ぐらいでいいんじゃないでしょうか。綿棒に付いた汚れが、黄土色であればOK、健康のようです。
DSC_0383.jpg

【要約】

タイムライン:
7月19日 何か耳の奥が黒くて汚いなと気づく
9月29日 動物病院1回目
10月06日 動物病院2回目
10月14日 動物病院3回目
10月29日 自分でレボリューションを投与
1月02日 巨大耳くそ出てくる

医療費、通院3回合算:
15,692円(税込)


人気ブログランキング
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

猫用自動給餌器の導入 [ペット]

ニャンコを飼ってると朝が早くて、休みの日もゆっくり寝てられません。
うちのニャンコは正確な猫時計を有しているようで毎朝6時に起きます。
プラスマイナス5分でしょうか、
常時稼動させているペット見守りカメラには録画機能があるので、毎回確認しているのですが、やはり正確に6時に起きるんです。
夜ケージの扉を閉めて就寝、ニャンコが朝起きたら餌を求めるのか飼い主の気を引こうとしているのか、ケージ上に置いていた餌やサニタリー用品等に手を伸ばして床に落とします。
早朝からドッタンバッタン!
眠い目をこすりながら、餌を与えてまた布団に入るといった具合でした。
そのうち、ケージ上には餌はストックしないようにしましたが。
DSC_0429.jpg

ケージから開放して飼い主が外出、、、ニャンコのお食事の時間に帰宅できなかったケースでは、餌の袋を自力でこんな具合に。
恐るべし!ニャンコ!
DSC_0452.jpg

そこで、そこで、犬猫用自動給餌器を買ったわけです。
安物買いの銭失いにならないように十分検討しました。
上から餌を入れて下からジャラジャラ出てくるような製品は、餌が通るトンネル部の手入れができないだろうし、論外。
検討項目は以下です。
・大容量ではなく、2回分ぐらいでいい
・手入れが簡単
・カチカチ音がするダイヤル式ではない
・ある程度正確な時計が内蔵されていること
辿り着いたのが「PetSafe おるすばんフィーダー デジタル2食分 バージョン2」です。
DSC_0465.jpg
DSC_0466.jpg

使い始めていますが、買ってよかった♪♪♪の製品です。
【良い点】
・トレーが一食分に最適な大きさ
・トレーがコンパクトで洗いやすい
・2つのトレーなので、汚れた方だけ洗える
・内蔵時計が正確
・操作が簡単
・ペットが誤って閉めても、また開く
・電池で動作する

【悪い点】
・開くときの音が「カチッ」と少しだけ大きめ
・タイマー設定の最小単位が1時間

悪い点で述べている「カチッ」音もありますが、ニャンコが食べている時に「カチッ」と鳴っても家のニャンコは無視して食べ続けていますのでニャンコにとっては気にならないようです。
その、食べている時に「カチッ」と鳴るのは何故?と思われるでしょう。
その理由は、セットした時間に開きますが、開いた蓋をニャンコが踏んづけて閉めてしまっても30秒したら無条件に「カチッ」と開ける動作をするのです。また踏んづけて閉めてしまっても90秒後に「カチッ」と開ける動作をします。計3回開けてくれます。要は保険動作です。
「カチッ」っと鳴ってニャンコが駆けてくると何か競馬みたいです。
写真は左側のトレーは外して、右側だけ入れてある状態。
トレーの容量は水をなみなみ入れて300ccぐらいです。
タイマーの時間設定に関してですが、「何時間後に開けるか」の設定を1時間単位にしかできないのは、起床時間が正確なニャンコは時に野獣モードに変身しそうです。
また、餌を入れてから毎回「何時間後に開けるか」の設定をしなければならないので面倒。
例えば5時間後にするか6時間後にするかを毎回考えるのはイヤ。
一カ月ほど使ってみましたが、このタイマー問題がネックとなりました。
その後思い切って、中の回路を自作の回路と交換することとしたのです。

改造記事リンク:
猫用自動給餌器をリモコン制御に改造
猫用自動給餌器をリモコン制御に改造、その2
猫用自動給餌器をリモコン制御に改造、その3

DSC_0482.jpg

余談ですが、一度だけ間違って朝5時に開けてしまったんです。
そしたら、うちのニャンコはその日から朝5時に起きるようになってしまいました。
ニャンコのデジタル時計の「時」の位だけピッっと変更したみたいに。
頼むから6時起床に戻してくれ!と言っても聞いてくれるわけがありません。
頭は良いニャンコなのですが、
アイボのようにリセットボタンでもあればいいのに、、、
でも、2週間ほどで戻りました。
めでたし・めでたし!

■■■分解編■■■
ネジ4箇所外すだけで分解できました♪
DSC_0583.jpg

配線には、素人が作業したのであろうセロハンテープ止め♪
DSC_0584.jpg

蓋を開けるソレノイドっていう部品です。
電流をコイルに流して磁石でできた軸を動かす部品です。
こいつが、カチッっと音が大きいのです。
ネットで調べたら「深センYD電子株式会社」のYD-A420です。
DSC_0585.jpg

基板はこれだけ。
DSC_0586.jpg

その後、テレビリモコンで開けられるように改造したのです。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ニャンコの自作マンガ2 [ペット]

観光地には顔出しパネルとか、顔ハメパネル、なるものがあります。
ニャンコにも、それらしきものを作ってあげましたが、
うちのニャンコは顔出しが苦手なようで。。。
顔出しパネルの失敗写真から、4コマでマンガを作ってみました。
失敗写真が使えるぅぅぅ・・・

「色んな女の子」の巻き
Nyanko_Manga3.jpg

たま~に、ニャンコにネコ草を与えると大喜びです。
写真にはありませんが、足を突っ込んだりと・・・

「ひとりじめ」の巻き
Nyanko_Manga4.jpg


人気ブログランキング
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ニャンコの自作マンガ [ペット]

その昔、ニャンコを初めて飼っていたころ、ネコマンガというものを書店で買った覚えがあります。ニャンコのモノクロ写真を4コマ並べて吹き出しを付けているもので、なかなか味があるマンガでした。
DSC_0422.jpg

ニャンコの意思を歪曲させセリフを付けなければなりませんので、ニャンコからは「そんなこと言ってないニャン」と言われそうですが、ゴメンネ!ニャンコさん。
自分でも2つ作ってみました。
かわいいニャンコさんなのでよく写真を撮っていますが、失敗ばかりだなと思っていた写真が使えるんですねぇ。新たな発見です。
高機能な画像編集ソフトを所有していませんので、MicrosoftのPowerPointのスライドに4つ写真を貼り付けて、セリフを載せてJPEGで出力させました。

「飼い主は写真マニア」の巻き
Nyanko_Manga2.jpg

「病気」の巻き
Nyanko_Manga1.jpg


人気ブログランキング
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ニャンコ避妊手術の巻 [ペット]

うちのニャンコさんに避妊手術を受けてもらうことにしました。
生後8ヶ月のロシアンブルーさんで、まだ発情期を迎えてないようです。
手術当日は病院にお泊りです。
翌日お迎えに行ったら、診察台の上にエリザベスカラー(傷口を舐めないための保護具)を付けたうちのニャンコがちょこんと座っていました。
嫌がるふりも見せず、おりこうにしているのが意外です。
うちのニャンコの性格からすると暴れん坊ぶりを発揮して狂ったようになっているのではないかと、このチューリップの様なエリザベスカラーの装着にはかなり心配していたのです。
これで、ひとつホッとしました。
お医者さんはあれこれと説明してくれまして、二週間後に抜糸に来なさいとのこと。また、それまで朝夕抗生剤を飲ませなさいとのことで、錠剤と粉薬を選んでくださいと言われました。粉だったら餌にも混ぜられるし、応用がきくと判断して粉薬にしました。
家につれて帰った時の写真です。
エリザベスカラーと、病院から付けてもらっている簡易的なピンクの保護着です。
DSC_0321.jpg

チューリップ装着で自分のトイレに入って入ったので、様子を見ていたら用足しの前の猫砂臭い確認ができないではないですか!ニャンコもどうしようといった感じで戸惑いがあるようです。仕方ないので外してあげたら第一回目の用足しが無事完了しました。もしウンチだったら用足し後のウンチ臭い確認するとチューリップにウンチ付いちゃいます。
また、歩いていると障害物にコトンとぶつけてしまってます。
二週間もこの状況を考えると、ニャンコにとっても飼い主にとっても嫌なものです。
早速ググってエリザベスウェアなるもの発見!
チューリップ不要で、着るもので傷口保護するものです。
これっきゃない!
うちのニャンコは生後8ヶ月なので「C2S」サイズをチョイス。
早速発注!
すぐに届いて、装着完了!
手術は事前にわかっていることなのであらかじめ買っていたらよかったと少し後悔。
あれだけ暴れん坊だったのに、がらっと変わっておとなしくなってしまいました。
爪とぎの上にこんな感じでじーっと座ってるんです。
大好きなトラ模様のタマを置いてもスイッチが入らないようです。
DSC_0330.jpg

次の日も爪とぎの上にじーっと。。。
それで、だっこしたら震えているんです。
「ブルブルブル.....ブルブルブル.....ブルブルブル.....」
マナーモードみたいに。
だっこは普通であれば5分ももたないいんですが、手術後からは20~30分は抱かれています。
寒いんじゃないですね、心理的ショックを受けて震えているようです。
これで心配事がまた増えた。
もひとつ心配事も浮上、それは前左足を上げるようになったのです。
2歩ぐらい歩く間にも前足左を上げっぱなしにするんです。
肉球チェックしてみましたが異常は無いです。
本件、様子見です。
それからそれから、一週間ほど経過した頃エリザベスウェアを取ってあげました。
そしたら、「スイッチオン」
走り回るやら、高いところに飛び乗るやら、元のうちのニャンコに戻りました!
戻ったのはうれしかったですねぇ。
それにしても、前左足はどうしたんだろう?
30分ぐらい遊ばせてエリザベスウェアを着せたら「スイッチオフ」
また、おとなしくなりました。
どうやら、ウェアを着せると活動しなくなるようです。
日に日に、ウェアを取ってあげる時間を延ばしてあげ、抜糸の日をむかえるのでありました。
一週間を超える頃から震えも止まり、一安心です。
DSC_0336.jpg

毎日の、お薬の話になります。
針のない注射器もいっしょにもらい、飲ませるのに最初は悪戦苦闘してましたが、家族皆スペシャリストになりました。
DSC_0346.jpg

最終的な手順は、
袋をハサミでこんな形にカットして、注射器のシリンダーに粉薬を投入。
DSC_0347.jpg

指で薬が飛び出ないように軽く出口を押さえて、ピストンを挿入します。
DSC_0348.jpg

そして、水を1.5ccほど吸ってシェイクした状態です。
ニャンコを仰向けにだっこして、犬歯の後ろに注射器を差し込んでゆっくり飲ませます。
いやがらず、おいしいのかわかりませんが、チャチャチャ。。。っとお利口に飲んでくれます。
DSC_0349.jpg

部位はこんなんです。
手術6日後。
DSC_0337.jpg

手術14日後。
DSC_0350.jpg

抜糸後。
DSC_0353.jpg

抜糸後からは普段どおり生活OKとのことで、病院から戻りました。
私:「お疲れさんでした」
ニャンコ: 「コンニャのはいいから、首輪付けてくれィ」
DSC_0345.jpg

あの、前左足を上げる動作無くなりつつあります。
捻挫や外傷等ではなく心理状態が悪いという表現だったんじゃないかな?
と、わたしは解釈しました...

エリザベスウェア、これが無かったら大変だったんだろうな。
DSC_0355.jpg


人気ブログランキング
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット